2015年11月17日

第4回講義(11/17):データベース機能

テーマ:データベース操作
1⃣Lesson22.xls

L22.JPG
2⃣Lesson23.xls

L23.JPG
3⃣Lesson24.xls

L24.JPG
4⃣Lesson25.xls
L25.JPG
5⃣Lesson26.xls
L26.JPG
6⃣Lesson30.xls
L30.JPG
7⃣Lesson31.xls
L31.JPG


ピボットテーブルとは
ピボットテーブルは、お互いに関連し合う統計を比較する時に使用されます。特に集計する値の数値が多く、各値についての複数の要因を比較する時に効果を発揮します。大量のデータを持つ表から必要な項目を選択して、縦軸と横軸を交差させた集計表を作成できます。例えば、縦軸に「商品名」、横軸に「店舗」の項目を配置してそれぞれの「売上」を集計できます。
また小計や総計を計算する時にも使用されます。
ピボットテーブルの特徴
*大量のデータを簡単に集計できる。
*集計結果を異なる観点から分析できる。
*関心ある項目の詳細を表示できる。
*対話型なのでデータの切り替えが楽にできる。

posted by Lab_508 at 09:51| 愛知 ☔| Comment(0) | コンピュータ基礎3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。