2015年07月13日

第14回7/13講義

売上分析1.xls
売上分析2.xls


-Excelと統計学-
★代表値
平均値・中央値(メジアン)・最頻値(モード)
*平均:データの中心的傾向を示す数値. データの合計を標本数で割った数値.
 Excelでデータの平均を求める関数名は「average」.
*中央値:データに順位をつけた時,ちょうど真ん中の順位にくる数値.
 Excelでデータの中央値を求める関数名は「median」.
*最頻値:データが最も多く取る数値.
 Excelでデータの最頻値を求める関数名は「mode」
★散布度(チラバリ)
分散・標準偏差(散布度、散らばり)
*分散:データの分布が平均からどのくらい離れているかを示すチラバリの指標.
 Excelで分散(標本分散を)を求める関数は「var」.
*標準偏差:分散は2乗値であ.分散の平方根、これが標準偏差.
 Excelで標準偏差(標本標準偏差を)を求める関数は「stdevp」.
ひらめき基本統計量Excel関数
ひらめき基本統計量.xls
1基本統計量1.xls
2基本統計量2.xls
3基本統計量3.xls

パスワード:iida508
--入門統計学--
【基本統計量】
§1.「平均値」をダウンロード
§2.「メイジアン(中央値)」をダウンロード
§3.「モード・最頻値(サイヒンチ)」をダウンロード
§4.「標準偏差1」をダウンロード


【基本統計量】:合計(SUM)、平均値(AVERAGE)、最大値(MAX)、最小値(MIN)、中央値(MEDIAN)、最頻値(MODE)、分散(VARP)、標準偏差(STDEVP)などがあります。
標準偏差の意味について考えて見ましょう。
「標準偏差:エクセル関数STDEVP」をダウンロード

いままでに学んだことを復習してみましょう。
基本統計量とビジネスグラフ.xls

売上グラフ.JPG

A1セルからF13セルまでドラッグして「挿入」(そうにゅう)タブから積上げグラフを選択、必要があれば「行と列を入れ替える」をクリック。
挿入→グラフ.JPG
グラフの種類.JPG

[出力例]
kotae.bmp

【Excelグラフの種類】
エクセルビジネスグラフ.JPG
posted by Lab_508 at 11:16| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。