2016年06月08日

第9回講義:レポートの作成方法2

完成例:
image.jpg

タイトル:
セブン、駅ナカにコンビニ500店 JR西と提携
既存売店を切り替え
2014/3/27 2:02 [日経新聞有料会員限定]

本文: 
セブン―イレブン・ジャパンは西日本旅客鉄道(JR西日本)と提携し駅構内にコンビニエンスストアを出店する。今夏から順次、約500あるコンビニ・売店を「セブンイレブン」に転換。1日500万人の乗降客が利用する「駅ナカ」を手中に収める。国内5万店を超えてもなお市場の成長が続くコンビニはより消費者に身近な場所へと立地の開拓を進めている。品ぞろえやサービスが充実した大手コンビニが駅ナカに入ることで消費者の利便性は一段と高まる。

 セブンは近くJR西日本子会社のジェイアール西日本デイリーサービスネット(兵庫県尼崎市)とフランチャイズチェーン(FC)契約を結ぶ。近畿、北陸、中国地方の各駅のコンビニ「ハート・イン」約200店と売店「キヨスク」約300店を5年以内にセブンイレブンに切り替える。JR西日本管内ではローソンを上回り、店舗数はトップになる見通しだ。

 ハート・イン、キヨスクを合わせた売上高は現在、年間500億円程度とみられる。セブンの標準店より店舗面積が狭いため、転換後は売れ筋の弁当やおにぎりに加え、プライベートブランド(PB=自主企画)「セブンプレミアム」や大手メーカーの限定品など独自性のある商品を中心に扱う。店舗運営を助言する専従員を数十人派遣し、売り場づくりを徹底。ATMや公共料金の支払いといったサービスも用意する。
コンビニと鉄道会社の主な提携

 競合店がない駅ナカは乗降客をほぼ独占できる集客力の高さが魅力。1店当たりの1日の客数は東日本旅客鉄道(JR東日本)系のコンビニ「ニューデイズ」で約1600人、ハート・インも1千人以上とみられる。京浜急行電鉄などの駅でセブンに転換した約60店では売り上げが3〜5割伸びている。

 全国の鉄道会社の駅構内にはコンビニ・売店が約2700店あり、うち大手コンビニの店舗はまだ2割程度。500店が転換するセブンとJR西日本との過去最大の提携を受け、コンビニ各社の鉄道会社への働き掛けは強まるとみられる。

 国内のコンビニ市場は店舗数で約5万3千店、売上高は10兆円。客層を女性やシニアに広げ、ここ10年で店舗数は約1万店、売上高は3割強増えた。大手各社は過去最高の出店ペースを維持する一方、最近は駅ナカのほか、病院や大学、オフィスといった新たな立地の開拓を進めている。

画像:
image.jpg

表:
image.jpg

引用先:http://mw.nikkei.com/tb/#!/article/DGXNASDZ260A5_W4A320C1MM8000/
posted by Lab_508 at 07:45| 愛知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。